小筆の洗い方。注意!大筆の洗い方とは全然違います!

こんにちは。

書家の木村翼沙です。

 

本日は、

小筆の洗い方について

です。

 

使った後のお手入れがとっても大切ですから、

先にお伝えしておきます。^^

 

書き終わったら必ず筆を洗いましょう。

 

当たり前のことなのですが、

これが、実は意外と洗わない方が多いのです^^;;;;

 

いや、洗わなくても壊れたりはしませんよ。^^;

 

しませんが、次に使う時に当然、墨で固まっています。

当然、使いにくいです。

前回使った時のクセがついたりもします。

筆の寿命も短くなります。

 

絶対洗わないとダメかというと、

まあ、洗わない人もいますけど、、、

良い事は何一つありません。

 

という訳で、筆は必ず洗いましょう!

 

といっても、小筆の洗い方は、

とっても簡単!!^^

 

小筆の洗い方は、

濡らしたティッシュなどで

小筆についた墨を毛の流れに沿って取り除きます。

 

小筆の洗い方

小筆の洗い方

 

水道水で流したり、小筆を水につけたりなどは

しないで下さい。

 

そして、

墨を取り除いたら、

筆の形をきれいな円錐形に整えて下さい。

 

小筆の洗い方

小筆の洗い方

 

この時、筆の円錐形が少しでも

歪んでしまうと、次に書く時に、

線をまっすぐ書きにくくなります。

 

次にコンディション良く使うために、

必ずきれいな円錐形にしてください。

(*書く時も、一文字の一画ごとに、筆を円錐形に整えて書いて下さい。)

 

大筆の扱いも同じですね。

大筆の洗い方はこちらをご参照ください。

筆の洗い方について。筆を正しく手入れしてあげると美しい文字が書けます・筆が長持ちします!

 

【翼沙書道教室】より美しい筆文字を書くためのお役立ち情報

<手に職を!資格取得の[実用書・筆耕コース]の資料請求>と<大好評!お手本と練習シートを無料ダウンロード・動画を見ながら[美しい筆文字を書く為のオンライン無料講座全10回]の受講>は下のバーナーをクリックしてお名前とメールアドレスをご登録していただくだけ!今すぐ役立つ資料と無料講座が受け取れます。↓

翼沙書道教室資料請求

翼沙書道教室資料請求