体験講座で分かること。知っているか・知らないか。そして、するか・しないか。

こんにちは。

書家の木村翼沙です。

 

毎日暑いですね。

毎年言っていますが、”今年は異常な暑さ”ってやつですね^^;;

 

さて、本日のブログタイトルにあるように、

「知っているか・知らないか」

「するか・しないか」

という話です。

 

そして、「知って、するから上手くなる!」という話です。

 

それを体験できるのが、当教室にて通学お稽古で絶賛開催中^^の

「体験講座」という訳です。

 

始め、何も教えずに、「とりあえず」書いていただくところから

始まります。

 

「とりあえず」書いた一枚がなければ、何も進みません。

これは全コース課程ともに、重要な一歩です。

(自分にはまだ書けないからと提出を渋る方がいますが、

書けなくて当たり前で、指導側としては、むしろ、書けていないことを見たい訳です。

書けていれば、習う必要もございませんから^^)

 

そして、「知らない」ということを知ってもらいます。

知ってもらってから、練習を「する」のです。

 

そして、「知る」ことが出来ても、「出来る」こととは別です。

「出来る」ようになるためには、練習しかありません。

 

練習あるのみ。。。厳しく苦しい響きです。(?)

「練習してもなかなか上達できない。」

「そもそも才能がないから練習する意味さえない。」^^;;

そんなネガティブな声が聞こえてきます。

 

でも、大丈夫です。

そんな心配いりません。^^

 

なんと!

実は、書道の上達は、才能など関係ありません。

正しい練習をすればするほど、必ず上達する!

という目に見えて結果が出る、嬉しいジャンルなのです!(喜)

 

信じられませんか?

これが証拠です。(笑)

 

当教室体験講座で体験して頂く「永字八法」ビフォーアフターの一部です。

驚きです。

たった90分のお稽古時間中にこんなに上達するのです。

 

永字八法

永字八法

永字八法

永字八法

永字八法

永字八法

永字八法

永字八法

永字八法

永字八法

永字八法

永字八法

 

書けないのは、知らないからです。

そして、知って練習すれば、必ず上達するのです。

効果が目に見えてテンションも上がります。

 

でも、何も知らなかった時の字も貴重なものです。

知ってしまえば、元には戻りませんから。

(だから、子供の頃の絵を取っておく、その感覚に近いかも。)

 

と、言いながら、上手くなりたくて書道を習おうという

素敵な心意気なのですから、

どんどん練習してどんどん上達して頂きたいと願っております。

 

お任せを、必ず上達しますから!^^//

 

書道体験講座も絶賛実施中。^^

体験講座のお申し込みはこちら。

 

筆文字ひらがな練習シートが無料で届く大好評メルマガ登録はこちらから。↓

メール講座(メルマガ)

是非ご登録くださいませ^^

小筆の洗い方。注意!大筆の洗い方とは全然違います!

こんにちは。

書家の木村翼沙です。

 

本日は、

小筆の洗い方について

です。

 

使った後のお手入れがとっても大切ですから、

先にお伝えしておきます。^^

 

書き終わったら必ず筆を洗いましょう。

 

当たり前のことなのですが、

これが、実は意外と洗わない方が多いのです^^;;;;

 

いや、洗わなくても壊れたりはしませんよ。^^;

 

しませんが、次に使う時に当然、墨で固まっています。

当然、使いにくいです。

前回使った時のクセがついたりもします。

筆の寿命も短くなります。

 

絶対洗わないとダメかというと、

まあ、洗わない人もいますけど、、、

良い事は何一つありません。

 

という訳で、筆は必ず洗いましょう!

 

といっても、小筆の洗い方は、

とっても簡単!!^^

 

小筆の洗い方は、

濡らしたティッシュなどで

小筆についた墨を毛の流れに沿って取り除きます。

 

小筆の洗い方

小筆の洗い方

 

水道水で流したり、小筆を水につけたりなどは

しないで下さい。

 

そして、

墨を取り除いたら、

筆の形をきれいな円錐形に整えて下さい。

 

小筆の洗い方

小筆の洗い方

 

この時、筆の円錐形が少しでも

歪んでしまうと、次に書く時に、

線をまっすぐ書きにくくなります。

 

次にコンディション良く使うために、

必ずきれいな円錐形にしてください。

(*書く時も、一文字の一画ごとに、筆を円錐形に整えて書いて下さい。)

 

大筆の扱いも同じですね。

大筆の洗い方はこちらをご参照ください。

筆の洗い方について。筆を正しく手入れしてあげると美しい文字が書けます・筆が長持ちします!

 

【翼沙書道教室】より美しい筆文字を書くためのお役立ち情報

<手に職を!資格取得の[実用書・筆耕コース]の資料請求>と<大好評!お手本と練習シートを無料ダウンロード・動画を見ながら[美しい筆文字を書く為のオンライン無料講座全10回]の受講>は下のバーナーをクリックしてお名前とメールアドレスをご登録していただくだけ!今すぐ役立つ資料と無料講座が受け取れます。↓

翼沙書道教室資料請求

翼沙書道教室資料請求

 

永久保存版!実用書における小筆の持ち方。結局、「何をどうしたいのか」ということです。

こんにちは。

書家の木村翼沙です。

 

本日は、実用書における小筆の持ち方について。

 

その前に少し復習です。

 

前回、小筆を使う前に知っていたいことについて

書きました。

 

まだ見ていない方は、是非ご参照くださいませ。

小筆を初めて使う時、まずは何をするべきか知っていますか?

 

<実用書における小筆の持ち方について>

 

さて、実用書を書く時の小筆の持ち方は、

仮名作品や大筆を使って書く時の持ち方とは異なります。

 

これは、筆の持ち方によって、表現が変わる為です。

書く対象に最も適した持ち方をしましょう!

(書く時に、余計なストレスがなくなります。。)

 

持ち方によって表現が変わることについては、

こちらの記事をご参照ください。

(必見です!^^)

知っていましたか?「筆の持ち方によって、線質が大きく変わる!」ということを。

 

では、実用書の場合。

 

まず、正しい鉛筆持ちをして、そのまま小筆を起こします。

 

小筆の持ち方

小筆の持ち方

 

とはいえ、イメージがつきにくいかも分かりませんので、

下記の一連の動きをご参照くださいませ!^^

 

まずは、正しいお箸の持ち方をイメージしてください。

(お箸を持つ時、使う時、指には全然力が入っていないですよね。

上側にあるお箸を人差し指と中指で軽く上下させるだけです。

親指は沿えるだけ。下のお箸は基本的に動かないですよね。)

 

小筆の持ち方

小筆の持ち方

 

そして、そのまま下側のお箸を抜くイメージです。

すると、下記の写真のようになりますよね。

 

小筆の持ち方

小筆の持ち方

 

そのまま、筆を上側に引っ張ってみて下さい。^^

指が毛の部分に近づいていますよね。

 

小筆の持ち方

小筆の持ち方

 

どこまで引っ張るか、というと、

鉛筆の場合は、鉛筆の先が紙面にあたる位置です。

 

これが、正しい鉛筆の持ち方です。

 

小筆の持ち方

小筆の持ち方

 

そして、これが実際に小筆であると、

筆先が紙面に斜めに接していますね。

 

それでは、ちょっと書きにくいので、、、

そのまま、この形から筆を立ててあげます。

 

小筆の持ち方

小筆の持ち方

 

これが、実用書における小筆の正しい持ち方です。

(書きやすい持ち方です。)

 

それでは、なぜ、鉛筆持ちのまま書いてはいけないのでしょうか。

なぜ、筆を立てるのでしょうか。

 

なぜなら!

 

書く時、筆先が紙面に接する面積が

増え、筆で紙をなでたような弱い線になってしまうからです。

 

よく「筆は、立てて使いましょう!」と言われますが、

ようするに、「筆の毛部分」が紙と接している面積を

如何にするか、がポイントなのです。

 

つまり、筆を立てると、筆の形状は円錐形をしているので、

円錐の頂点が紙に接する事になります。

これが、書き始めの筆使い、(起筆という)になる訳です。

 

書き始めの面積が少ないとどうなるか。

 

筆が進みたい方向へ、楽に書くことが出来るようになるのです。

 

つまり、書きやすいのです!

 

ちなみに、筆を持つ時、一切の力は要りません。

お箸を使う時、「腕(指)が疲れた〜」なんて、

ならないですよね!^^;;

 

同様に、正しい鉛筆持ちも腕が疲れることは

ありません。

正しい筆使い然り。

どこにも力は入っていませんもの!

 

ただ、動きをコントロールしているだけなのです!

 

ところで、小筆の持ち方ですが、

こんな写真の持ち方をイメージしませんか?

 

昔の筆の持ち方

昔の筆の持ち方

 

これ、当然、正しい持ち方です。

 

しかし。

 

これは、今となっては特別な訓練をしなければ、

コントロール出来ない筆使いでしょう。

 

いわゆる、現代人の暮らしと昔の人の暮らしは、

異なるので、自ずと使う筋肉も異なる、という話です。

 

上の写真のような、昔の筆の持ち方は、

もはや現代人が普段行わない動きなので、

それ故、使う筋肉が衰えてしまったのでは!

なんて思っています。^^

(私論ですよ。^^)

 

さて、少々脱線したところで、

実用書の小筆の持ち方について。

 

先のリンクでは、「筆の持ち方、とりわけ筆を持つ位置」について書いていますが、

知っていましたか?「筆の持ち方によって、線質が大きく変わる!」ということを。

 

実用書の場合は、かなり下を持って書きましょう!

 

なぜなら、

実用書は、主に漢字の楷書体を書きます。

楷書体は、一画一画の線が独立し、

筆の入り方や止めがしっかりしています。

従って、筆を安定させて書く必要があります。

 

小筆を持つ位置

小筆を持つ位置

 

さらに、写真のように、

中指が筆の鋒(毛部分)を支えることで、

筆がより安定します。

 

小指・小指下の手の平側面はしっかり紙に接しています。

 

ポイントは、昔の人の筆の持ち方などぼんやりとしたイメージで、

書く対象に適さない方法で、書かないことです。

 

いつでも、何でも、適材適所です。

 

一つの書き方を覚えたからといって、

全てに当てはまる訳ではないのです。

対象事に現実に即した、適した方法があるのです。

 

気付かずに、一つの型ばかり追求していては、

得られる結果も得られませんから、ね!^^

 

【翼沙書道教室】より美しい筆文字を書くためのお役立ち情報

<手に職を!資格取得の[実用書・筆耕コース]の資料請求>と<大好評!お手本と練習シートを無料ダウンロード・動画を見ながら[美しい筆文字を書く為のオンライン無料講座全10回]の受講>は下のバーナーをクリックしてお名前とメールアドレスをご登録していただくだけ!今すぐ役立つ資料と無料講座が受け取れます。↓

翼沙書道教室資料請求

翼沙書道教室資料請求