字が下手さん、実は◯◯さんです。

こんにちは。

書家の木村翼沙です。

 

突然ですが、こちらのシリーズ記事は、

筆文字習得のために必見です。

是非ご高覧くださいませ。^^

 

シリーズ記事

まずはマスターしたいこと!字の上手さより大切なこととは?

「字が下手」なのではない!実は、別の理由があるのです!

美文字、最小の努力で最大の効果を得る方法とは。

 

 

さて、「私は字を書くのが下手」と言う人、

実は、下手なのではありません。

 

実は、それは、「せっかち」さんなのです。。。

ほとんどの方は、ほぼ、字を急いで書いています。

 

シリーズ記事をご参照頂きたいのですが、

つまり、「文字が下手という時点で文字の美しさを知っている」訳です。

「字が下手」なのではない!実は、別の理由があるのです!

 

筆文字の場合は筆の扱いを知らないのだから、

下手で当然ということでしたが、

じゃあ、硬筆で書いた時はどうでしょう。

なんで下手か、というと、

急いで書いているからです。(爆!)

 

ちょっとゆっくり落ち着いて書いてみて下さい。

それだけで、

「私、けっこう上手いやん!」となることでしょう。

 

信じられないかもしれませんが、ほとんどの方は、

「ゆっくり書いてください。」という一言だけで、

かなり良くなります。

 

そんなものです。笑

 

私たちは日々の生活の中で既に文字の形を知り尽くしています。

日本に住んでいる限り、毎日の生活の中で文字を目にしない日はないと思います。

 

実は、目習いも十分な訓練。

8割方、基礎が出来ている訳です。

 

私は、外国人に書道を教える機会が多いのですが、

外国人が「書道」という芸術に触れる姿を見る度に、

「書道」とは「日本」の芸術であることを強く感じます。

 

そして、日本人が当たり前に書道の基礎が出来ていることを知り、

その当たり前が日本人にとって当たり前でないように

捉えられていることがもったいないと思うのです。

 

 

さて、文字をもっと上手く書きたい、

という方は筆で文字を書く練習をすると良いですよ。

 

普段の文字をちゃんと美しく書こうと思ったら、

「実用書・筆耕コース」がおすすめです。

この技術は一度身に付けたら一生使えます。

一回自転車に乗れたらあとは乗れる。あの感覚に近い。

だから、一度、人生のうちに文字をしっかり書く練習をすべきだと思うのです。

 

書道の古典を学び作品を書く。

アジアの悠久の歴史に触れ、心を穏やかにする。

人生を豊かにする書を本格的に学びたいと思ったら、

「基本コース」から学ぶことがおすすめです。

 

最もおすすめなのは、「基本コース」を受講して、

「実用書・筆耕コース」に進むことです。

 

いずれにしても、書を学ぶには、細く長く。

そして楽しく。

 

とにかく穏やかに、気持ちよく、

有意義に人生を送りたいものです。

 

===================

筆文字ひらがな練習シートが無料で届く大好評メルマガ登録はこちらから。↓

メール講座(メルマガ)

是非ご登録くださいませ^^

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中