まずはマスターしたいこと!字の上手さより大切なこととは?

こんにちは。

書家の木村翼沙です。

 

さて、これまで文字の美しさそのもの

にフォーカスを当ててまいりましたが、

その前に、お伝えしたいことがあります。

 

「実用書・筆耕コース」において、

まずは、一字ずつの形、筆使いを

学んでいただきます。

 

たくさんある文字を体系立てて、

無理なく、無駄なく、効率良く!

重要な要素に絞り込んで学んでいただく訳ですが、

 

 

その前に、大前提として、

これをマスターしていなければ、

どんなに頑張ってもなかなか上達しないかも!?

という大問題です。

 

という訳で、本日は、例をあげて、

実際の実用書の課題チェックをしてみましょう。

 

 

何だか、「あれ?」と思った方が

いらっしゃるのでは?

 

何か、違和感があるところ。

その違和感とは、何か。

 

それは、

「硬筆で書くように筆文字を書いている。」

ことです。

 

当たり前ですが、筆文字とは、

筆で書かれた文字なのです。

文字そのものの形をどうこうする前に、

筆の扱い方を知らなければならないのです。

 

そもそも文字は筆で書かれて完成された形と言えます。

文字の形は道具によるところが大きいのです。

 

伝統的な形を近代的なお道具で表そうとするには、

やはり多少の無理難題が生ずるのです。

 

ところで、この字は、

そもそも硬筆の持ち方に癖があるかも分かりません。

硬筆を握る力が強すぎる傾向があります。

筆圧が強すぎます。

 

ところで、筆圧が強いと余計な力が必要となりますので、

書くことがとても疲れます。

疲れるとどうなるか。

書くのが億劫になる。

そして、書かなくなる。

そして、書かなくなると

当然その先に得られるものは

何一つ得られないのです…。

 

 

持ち方が悪いだけで、

こんな負の連鎖が続きます!(驚)

 

 

そんな訳で、

まずは、正しい筆使い(筆の持ち方)をマスターして、

ストレスなく筆文字習得してくださいね。

 

文字の上手さ、つまり文字の形を表すのも

筆によるところが大きいことに気がつきます。

筆の扱いをマスターすれば、文字を書くことが

うんと楽になりますよ!

 

正しい筆の持ち方はこちらをご参照くださいませ。

 

正しい小筆(鉛筆)の持ち方を知っていますか?正しく持つことで楽に書けるのです。

 

永久保存版!実用書における小筆の持ち方。結局、「何をどうしたいのか」ということです。

 

===================

筆文字ひらがな練習シートが無料で届く大好評メルマガ登録はこちらから。↓

メール講座(メルマガ)

是非ご登録くださいませ^^

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中