臨書のコツ。書の名筆古典も完璧ではない。

こんにちは。

書家の木村翼沙です。

 

当教室のお稽古では、書道史上で

絶対押さえておきたい最重要古典の臨書をします。

 

木村翼沙書道教室

木村翼沙書道教室(大阪福島区)

 

書道は臨書に始まり、臨書に終わると言っても良いほど、

臨書(絵画でいうところのデッサンや模写)が大切です。

 

ところが、その臨書、実は、3種類あります。

 

形臨(けいりん)

意臨(いりん)

背臨(はいりん)

 

の3種類。

 

それぞれ、

形臨は、古典の形を真似る。

意臨は、作者の特徴や意を汲んで臨書する。

背臨は、その古典を見ずに臨書する。

 

私たちが通常行っている臨書は、

主に「形臨」、つまり形を真似る臨書という訳です。

 

そして、この3つの臨書は段階的に行うものです。

 

もちろん、形臨が最も大切。

 

いきなり何も見ずに、

臨書って、あり得ませんものね。^^

 

さて、はじめに形臨。

形をマスターしてから次のステージ、意臨へと進みます。

 

そして、形や特徴をつかんで自分のものにしてからの

臨書、背臨。

 

さて、本日、なぜ臨書の説明をしているかと言いますと、

お稽古中、古典臨書している際に、

よく「なんでこんな書き方をしているのか?」とか

「どうしてもこの形にならない!」とか

悩む人が多いからです。

 

そして、そこで手が止まってしまうのです。

そこで、前に進めなくなるのです。

 

なぜって、書けないんですから、

停滞するのは仕方がありません。

 

でも、それは、逆に、

それだけ、しっかり古典(お手本)を見て、

真剣に対峙している証拠です!

 

素晴らしいことです!

 

とは言いながら、やはり前に進みたいですよね。^^

 

そこで現れる概念、意臨!

 

正直に申しますと、

絶対的な形臨は、

あり得ません。

 

絶対に不可能です。

 

ちょっと考えてみましょう。

 

書いた本人でさえ、自分の書を臨書しても

全く同じにはなり得ませんよね!

 

機械ではないのですから。

 

ましてや、時代を経て、環境も何もかも違う現代の私たちが、

数百年前の書を全くそのままに書き写すことは不可能です。

 

半紙練習になっている時点で

書くサイズも違います。(通常拡大臨書になります。)

 

半紙の尺におさめようとする時点で、

その制約内に臨書を行っています。

 

そして、使っている筆も違う、紙も違う、墨も違う!

人も違う!!!

のですよ!

 

これで、形臨の限界を容易に納得していただけたことと

思います。

 

ここで一つ物申します。

 

よくある書道の昇級昇段の競書誌ですが、

現存される先生がお手本を書いていますよね。

あれ、危険です。

 

だって、その先生が絶対的に完璧で突っ込みどころの

一つもない字を書いている訳がないじゃないですか!

再現不可能を再現させようとしているのです。

危険危険。(笑)

 

私たちは、自分の字さえ、完璧に再現できないのです。

 

でも、古典はこの先、変わることはありません。

何百年の時を経て、様々に淘汰されて、今に至るのです。

 

その古典を数十年そこら生きている我々が書き表し、

それを真似ろ、というのはあまりにもあまりの話です。(笑)

 

脱線しました。

 

さて、意臨の話です。

 

形を完璧に再現できない臨書をどうすれば良いのか。

 

形を真似る学習が書道の学習なのですから、

それが出来ないなんて、私たちは、途方に暮れるところです。

 

では、どうすれば。。。?

 

例えば、臨書の際、

作者がどのような筆使いをしたかを

考えながら書くと良いです。

 

要するに、作者の特徴です。

作者の気分になって書いてみる、ということです。

これが意臨的臨書。

 

いつも申しますように、

書道では、筆使いをキメれば、形も決まる!

ということです。

 

ただし、意臨押ししすぎても良くないです。

作者の意を汲んだつもりの自我の強い書に落ちる危険があります。

 

結局、やっていることは、

とてもとてもシンプルなことです。

 

筆で文字を書くということなのですから!

 

それでも、筆使いを決めても、

古典との違和感を感じる時があります。

形も意もうまく再現できないのです。

 

そんな時、私はいつもこう思います。

 

例えば、王羲之を書いていて。

その時、ちょっといい風が吹いてきて、

王羲之が書いている手を止めて顔を上げた、

ちょうどその瞬間だ、と。

 

木村翼沙書道教室(大阪福島区)

木村翼沙書道教室(大阪福島区)

 

書道をしている私たちの中で、

古典の神格化が甚だしいと思いませんか。

 

古典から読み取れるのは、人間らしさだったりもします。

完璧では、ありません。

 

いずれも人の手によるものなのです。

 

書いている途中に名前を呼ばれたり、

虫が飛んできて、目の前でちょっと舞舞してみたり、

そこで、書いている手がふと止まったり。

 

それを後世の私たちが見た時に、

なんか違和感のある部分が出来たりする訳です、きっと。

 

そこを忠実に再現しようとするのは、ちょっとナンセンスです。

 

しかも、これらの名筆古典は必ずしも、

作品として書かれたものではないのです。

 

戯れに書いてみたり、酒を飲んで、

いい気分でちょっと詩を書いてみたり、

何かの下書きだったり。。。

 

それを完璧な完成形として見ないほうがいいですよ。

 

ちょっと気楽に方向だけ定めて、

筆を運んであげるのが良いですよ。

 

正しい臨書枠というか、範囲に収める。

 

でも、どこがその人間らしさか分からない。

どこまで再現したら良いのかわからない。

となりますね。(笑)

 

それは、ちょっとしたコツです。

 

そのコツは、

うーん、やはり習わないと分からないかな。。。

 

ひとまず、臨書のコツや筆使いのコツがわかる

体験講座に来てみてはいかがでしょうか。。。(笑)

 

体験講座のお申し込みはこちらから。

 

===================

本日もありがとうございました。

本日の記事はいかがでしたか?

「為になった!」と感じた方は、

是非、Facebook で「いいね」&「シェア」

をお忘れなく!^^

 

筆文字ひらがな練習シートが無料で届く大好評メルマガ登録はこちらから。↓

 

メール講座(メルマガ)

筆で文字を習うシンプルな理由。

こんにちは。

書家の木村翼沙です。

 

全然上達しませんが、英語学習続けています。^^;;

それで、昨日はシンプルだけど、

その通り!と少しの感動を覚えたので記事にします。

 

昨日の英語の先生は、

大学で日本語を習っていたというヨーロッパ人です。

日本語学習の中で、やはり漢字を覚えることが

最も難しかったそうです。

 

どうやって覚えたのか聞いたら、「書いて覚えた」と。

「書き順はちゃんと習ったか?」と聞いたら、

イエス、オフコース!

書き順が大切だと習ったそうです。

 

「なぜ、大切だと思う?」と聞いたら、

先生も書き順を大事にしていて、

書き順を間違えると減点されたそう。

 

「書いた結果しかないのに、

どうして書き順が間違っているとわかるのか?」と私。

 

「書き順が正しければ、正しい漢字の形になり、

間違っていると、漢字の形がおかしくなるから、

簡単に書き順が間違って書かれていることは分かる。」と先生。

 

なるほど面白い!!

それはある。絶対ありえる。

 

私たちは成長と共に、漢字学習を続けてきたから、

その発見はあまりない。

すでに多くの知識や経験を得てからの高等教育段階で学ぶ、

新たな知識としての漢字学習は、

ましてや欧米人にとっては、漢字を書くための書き順の大切さは、

非常に客観的、そして合理的に判断し得るものです。

 

そして、最も大切なのはここからです!笑

「なんで書き順を正しくしないと、漢字の形がおかしくなるか分かる?

その理由を教えてさしあげましょう。」と私。

 

なぜなら、漢字は筆で書かれて出来た形だからです。

筆はコーン(円錐形)のような形で先端がとっても大切。

それで書き順、書く方向が決まります。

例えば、必ず上から下、左から右に書くのは筆の形が理由。

例えば、もし、間違った書き方、下から上、左から右に書いてしまったら、

簡単に筆の先が潰れてしまう。

そうなると当然美しい文字の形は書けない。

 

筆の先が整っている状態

筆の先が整っている状態

 

筆の書く方向が正しくない時

筆の書く方向が正しくない時

 

筆の書く方向が正しくない時

筆の書く方向が正しくない時

 

と説明をしていて、なんで文字は筆で習うべきかと主張するのか、

私の主張もものすごく腑に落ちる。

 

書き順が大切な理由。

書き順を正しくすれば、文字が美しくなる理由。

そして、私たちが、文字を美しく書きたいならば、

筆で文字を学ぶべき理由。

(*書き順は必ず、上から下・左から右の順番で書きます。

その範囲内であれば、必ずしも一つの漢字につき、一つの書き順とは限りません。)

 

外国人に書道を教えるとき、

私たち日本人のように文字を書く前提となる共通項がないから、

思いがけない。

文字を書くためのもっとシンプルな理由に気づくことです。

 

と、いうわけで、やはり。

文字を美しく書くために、筆文字を学びましょう!^^

 

筆に方向があることがよく分かる動画、

当書道教室「実用書・筆耕コース」テキストより

ひらがな造形が無料で学べるメールマガジンは

書きよりご登録ください!^^

===================

 

本日もありがとうございました。

本日の記事はいかがでしたか?

「為になった!」と感じた方は、

是非、Facebook で「いいね」&「シェア」

をお忘れなく!^^

 

そして、

実際に筆文字練習をしてみたいという、

素敵なあなたは、是非、

「動画を見ながら、10日間の無料レッスン」

メルマガ講座を受講ください。

 

短い期間ですが、ひらがな習得には十分!

ひらがな全てのなぞり書きが出来る練習シートが

無料で届きます。

 

ご登録はとっても簡単です。

下記バーナーをクリックして、

メールアドレスを記入するだけ!

 

ご登録後、直ちに、

ご記入いただいたメールアドレス宛に、

動画と今すぐ使える美しい筆文字を

書くためのコラム付きひらがな練習シートを

ダウンロードできるページを

ご案内いたします。

 

ご登録は今すぐ真下のバーナーをクリック!

メールマガジン案内

 

記事が気に入ったら、下記[Facebook]&[Twitter]など是非クリックしてください^^

国内5年ぶり・18回目の個展です。

こんにちは。

書家の木村翼沙です。

 

私の初めての個展は2004年。

それから、今まで17回の個展。

グループ展等もたくさんたくさん参加してきました。

 

最後の個展は2012年。

「世界一周・書の旅」の途中、ガウディの生誕の地として

知られる、スペインのレウス市美術館で開催したものでした。

 

月日はあっという間に流れます。

思いがけず、たくさんの月日が流れたように思います。

「世界一周・書の旅」はまだまだ途中ですが、

そこから先は思うことがたくさんありました。

 

思うように行かないこともたくさんありました。

 

人生とは、書道とは、表現とは、表現以前に作品を書くとか書かないとか、

なーんてことを考えようが考えまいが、

時は非情に過ぎていきます。

日常も容赦なし。

 

ですが、休眠中は、世界中の美術館巡りをしたり、

やみくもな観劇鑑賞をしたり、とにかく本物を見て、肌で感じる経験を繰り返しました。

台湾にて書道家のための書道合宿に参加して試験にパスしたのもこの時期です。

同じく台湾にて、正攻法の正体漢字世界書道コンクールに出品・受賞するなど、

悩みながらも書家としてのアイデンティティは保っていたというところでしょうか。

 

休んでいたが、魂は鍛えていたよ。

そんな言い訳を自分にしてみるところです。

 

来年はスイスで3人展をします。

そのプロローグとなる展覧会を今秋、大阪で開催します。

国内では5年ぶりの個展です。

18回目の個展です。

 

期間は短いですが、

2016年10/8(土)・10/9(日)・10/10(月・祝)の3日間。

場所は、アクサンミュージアム2F。

 

今から是非予定していてくださいませ。^^

それでは、今後とも何卒よろしくお願い致します。

 

個展2016.10/8・10/9・10/10

個展2016.10/8・10/9・10/10

 

 

自身の展覧会活動はお休みしていましたが、

その間、書道教室はとても充実したものとなっています。

これまでの私自身の書道の修練・書展開催経験は私にとっての財産です。

それをダイレクトに教室に活かしています。

 

そして教室の素晴らしい生徒さん達からたくさんの素晴らしい反応を頂き、

また、私の宝物が増えていくところです。

 

そんな教室からあなたへ。

当書道教室「実用書・筆耕コース」テキストより

ひらがな造形が無料で学べるメールマガジンです^^

*****

メールマガジンが新しくリニューアルしました。

是非、ご登録くださいませ!

https://hudemoji.wordpress.com/木村翼沙書道教室のメールマガジン無料/

メールマガジン案内

記事が気に入ったら、下記[Facebook]&[Twitter]など是非クリックしてください^^